なんで日本酒で乾杯(その2)


飲み会にて・・・
ほぼ最初から日本酒を飲んでいると・・・
まず変わり者のような目で見られます(^^ゞ
国名がついているソウルドリンクなのに(笑)
ぱっと思いつく国名がついている固有名詞って
「日本語」、「日本人」、 「日本酒」 くらいなのに・・・
悪酔い、二日酔いするから・・・
が、若者が日本酒を敬遠する一番の理由だそうです。
若いと量飲むからねぇ~。
何を飲んでも度を過ぎれば悪酔いするのが当たり前です(笑)
若狭坊の日本酒最大摂取は
20歳のときに2升あけたのがMAXです!(^^)!
歩けませんでした。千鳥足というやつです。
翌日の夜まで動けませんでした((+_+))
さて・・・
人生や1年の節目には日本酒を飲むのが日本人。
結婚式の三三九度などの固めの盃や、お正月のお屠蘇なんかがそうですね。
酒器
あまり知られていないのですが、昔は生まれた時から「サケ」でした。
生まれた子供を清める「産湯」
少量の酒や塩を入れていたといいます。
ちなみにイギリスでは「ワイン」
ギリシャでは「オリーブ油」なんですって!
人生のスタートから 日本酒 なのです(笑)
新しく成人として人生を歩む節目に。
日本酒を飲まずに何を飲む~。
自分たちで作った酒は、ぜったい旨いはず!!
たとえ悪酔いしても(笑)
飲み会も・・・
その都度、一期一会の節目の場。
「まずは日本酒で」
「とりあえず日本酒で」
といえるオトコマエになりませんか??
そして・・・
20歳を迎える皆さんは、産院で清潔な産湯によって清められた方ばかりでしょう。
大人になる節目に「日本酒」で乾杯し
身を清めて
生まれ変わりましょ!!
  < 記/二日連続二日酔いの若狭坊@44歳>

コメント

comments